黴ブログ

好きなものやことを、徒然なるまま書き散らす。

俺的好きなジャズマスター使用ギタリスト4選

御覧のギタリストの皆様は、どんなギターがお好きでしょうか。人それぞれ、好きなギターがあると思う。僕はジャズマスターが好き。愛していると過言ではない。その愛は枯れることなく、以前こんな日記を書いたくらいだ。

 

kawabeko1991.hatenablog.com

 

そこで今回はそんな記事の続編として、僕の好きなフェンダージャズマスターを使用するギタリストを、一方的に紹介していきたい。順不同。皆違って皆良い。今や大人気のジャズマスター。そんなジャズマスターを使用するアーティストを紹介し、統括することで、何か知られざる好みなどが見えてくるかもしれない。それでは、気合入れていってみましょう。

 

ヤマジカズヒデdip)

 

まずは日本が誇るオルタナティブロックの重鎮・dipのギターボーカル、ヤマジカズヒデ氏。以前ライブを観たことがあるのだけれど、ジャズマスターから繰り出される素晴らしいリフの嵐に圧倒されてしまった。時にサイケデリックに、時にソリッドに、時にロックンロールに、次々に飛び出すギターリフを主導にして、グイグイ引っ張っていくような楽曲展開。かっこいい。引き出しというか、音楽のバックグラウンドの広さに驚いた。

 

よくギターを弾きながら歌うボーカリストを指して、ギターボーカルと呼ぶことがあるけれど、ヤマジ氏のプレイが正にそれ。ボーカルギターではなくて、あくまでギターボーカル。飄々とクールに歌いながらも、鬼神の如く数々のギターリフを弾き倒す姿は、ギターボーカルの表現がふさわしい。

 

youtu.be

https://youtu.be/RZKdwj1mY9w

 

大山純(ex-ART-SCHOOLストレイテナー

 

次に元ART-SCHOOL、現ストレイテナーのギタリスト、OJこと大山純氏。僕はART-SCHOOL時代より、大山純氏の大ファンなのだ。退廃的ながらも美しい楽曲の世界観に、ピッタリとマッチした、コーラスやディレイを駆使した音作りに、印象的なアルペジオのフレーズ。ART-SCHOOLにて、今でも代表曲として演奏される数々の名曲の、ギターリフを生み出した彼の功績はデカ過ぎる程デカい。

 

ガンガンと前へ出て、弾き倒すタイプのギタリストではないけれど、その曲の持つ雰囲気やフィーリングを汲んで、曲をより美しく、また魅力を最大限引き出すようにギターを弾く、職人肌なギタリストだと思う。

 

KILLLER TUNEやMelodic Stormなどのストレイテナーの過去の曲でも、まるで始めからそこで鳴っていたかのように、楽曲に寄り添ってジャズマスターを弾く姿がかっこいい。アルペジオや単音のフレーズを織り交ぜながら、時に美しく、時に激しく弾くギターが構築する世界観に、何か只ならぬものを感じる。憧れのジャズマスターを使用するアーティストのひとり。

 

youtu.be

https://youtu.be/cMvDIebFKOc

 

吉村秀樹bloodthirsty butchers)

 

お次はbloodthirsty butchersのギターボーカル、吉村秀樹氏。惜しくも亡くなってしまったが、数々の名曲を送り出してきた素晴らしいソングライター、ボーカリストであり、何より偉大なギタリストだ。

 

ジャズマスターから鳴らされるコード一発で、またそこから発せられるノイズにギターのフレーズなどで、情景を描き出す、まるで絵描きのようなギタリストだと思う。今自分がいる場所が部屋だろうが外だろうが、彼がひとたびギターを一発鳴らせば、全く違う場所にいるかのように、見える風景が変わるのだ。心象風景を描いたような詩的な歌詞も相まって、bloodthirsty butchersを聴くたびに、心の奥にすっと入り込んで沁みていくような気がする。

 

ギタリストということすらおこがましい、へたっぴな僕だけれど、いつか吉村氏のような、生き様や心の中を鮮明に映した、風景の見えるギターを弾けたらいいな、といつも思う。

 

kocorono完全盤(紙ジャケット仕様)

kocorono完全盤(紙ジャケット仕様)

 

 

田渕ひさ子(ex-NUMBERGIRLbloodthirsty butcherstoddle)

 

最後は以前の日記でも紹介したギタリスト、田渕ひさ子氏だ。バックで演奏をしっかりと支えながらも、時折繰り出される、曲の世界観を如実に表したような印象的なフレーズや、エッジの効いたソロがかっこいい。かつて、こんなにかっこいい女性ギタリストがいただろうか。普段の、のほほんとした雰囲気と打って変わって、ギターを弾く時の血気迫ったプレイは長年の憧れである。

 

何を隠そう、僕は二十歳の頃、ひさ子氏のそんなジャズマスターさばきに惚れて、ジャズマスターを購入したのだ。それまでエピフォンのレスポールを使用していたのが、ジャズマスターを弾くきっかけになったギタリストだ。機材も、同じボスのブルースドライバーを使用しているのが分かって、嬉しかったなあ。

 

NUMBERGIRlbloodthirsty butchersにおいても素晴らしいのが、それぞれ曲にマッチしたフレーズを奏でながらも、一聴してそれと分かるひさ子氏のギタープレイだ。向井秀徳氏や吉村秀樹氏など、パンチのあるフロントマンの隣にいても、決して埋もれない武器や個性を兼ね備えた素晴らしいギタリストだと思う。NUMBERGIRlのサッポロOMOIDE IN MY HEAD状態は、そんな彼女の魅力が凝縮された1枚。

 

ライヴ・アルバム ?サッポロ OMOIDE IN MY HEAD 状態

ライヴ・アルバム ?サッポロ OMOIDE IN MY HEAD 状態

 

 

・情景の見えるようなギターを弾くそんなあなたが好き

 

さてさて今回は、「俺的好きなジャズマスター使用ギタリスト4選」と題して、好きなジャズマスターを使用するアーティストについて語ってきましたが、いかがだっただろうか。楽しんで頂けたのなら、これ幸い。

 

こうして記事にして、僕は情景の見えるような、一聴してその人と分かる、世界観のあるギターを弾くプレイヤーに心惹かれるのだなあ、と改めて気付いた。そしてジャズマスターを使用するアーティストには、そんなギタリストが多い。ギター、並びにジャズマスターってとても面白いですね。学生時代のように、彼らのギターをコピーしたくてオラ、ワクワクしてきたゾ。

 

まだ未聴の方がいたら、是非ともチェックして欲しい。そして深いジャズマスターの沼に一緒に落ちていこうではないか。

 

本日のテーマソング

ストレイテナー/The Place Has No Name

 

 

 

 

 

 

熊倉献 『春と盆暗』を読んだ 空想好きの全てのボンクラ男子たちに 

最近は読書欲がやけに高まり、小説にエッセイや漫画など、ジャンルに関わらずに書籍をむさぼり読んでばかりいる。そんな中、春と盆暗という1冊の漫画を読んだ。空想と現実を行ったり来たりする、何とも不思議な世界観が実に魅力的な1冊であった。空想好きの、そしてまるでエイリアンの如き不思議女子が好きな、全てのボンクラ男子にこそ読んで欲しい漫画だ。

 

春と盆暗 (アフタヌーンKC)

春と盆暗 (アフタヌーンKC)

 

 

突然ですが、皆さん空想ってしますか?僕はというと、実はめちゃくちゃする。小学生時代などは、「白い部分踏み外したら、落ちて死ぬ!」などと言いながら道路の横断歩道の白い部分のみを踏んで渡る、なんてことばかりしていた。「地面にはサメがうようよいるから、地面につかないようにして帰ろう!」とか言うパターンもあったっけ。そんな時、僕の目に映る景色は本当に、断崖絶壁やサメだらけに見えたものだ。イマジネーションが豊か過ぎる程豊かな、浦安鉄筋家族ばりのリアルバカ小学生だったな、と思う。

 

頻度こそ当時より減ったものの、そんな空想を現在でも頭に浮かべることがある。例えば片頭痛に襲われるたびに、医薬品のCMに登場するような、痛み成分を模したキャラクターが脳内で暴れまわる映像が浮かぶし、部屋でギターを弾けば基本ロックスターになったつもりで弾いている。勿論目の前にはファンの山だ。「もしアイドルやアニメキャラが同じ職場だったら?」なんてお題が出されようものなら、友人たちと殴り合い寸前の白熱したテンションで延々と語り合える。最近も女優の吉岡里帆さんともしバイト先が一緒だったらどんな風に仲を深めていくか、という議題で熱く議論したばかりだ。もう何かそんな自分が気持ち悪い、いい加減現実的になれよ!と言いたい、何てイマジネーション空想野郎だ、俺は。

 

そんな空想好きのボンクラ男子代表の如き僕にとって、この春と盆暗は実にぴったりな1冊であった。1話完結の読み切り形式で描かれるのは、ボンクラ男子とまるでエイリアンのような不思議女子とのボーイミーツガールなストーリーだ。モヤモヤするたびに月に道路標識をブン投げる空想をする女子や、息苦しくなるたび水中に沈んだ自分を空想をしてしまう女子など、登場する女性は皆一癖も二癖もあるキャラクターばかり。そんな女子の「頭の中や心を掴む為にはどうしたら良いのか?」と、ぼんやりしながらも奔走するボンクラ男子たちがまた愛おしい。

 

所謂ラブコメのような分かりやすいドキドキ展開やエロはなく、独特の空想世界と現実世界を行ったり来たりを繰り返しながら、物語はあくまでも淡々と進行する。だが、それが良い。エイリアンの如き不思議女子とボンクラ男子の恋模様に、煌びやかなラブコメ描写などむしろ不要だろう。彼女たちの内面は分かりそうでちょっと分からなくて、手が届きそうで届かなかったり、時に届いたりする。どう転がるか全く予想は出来ない。何せ君はエイリアンで僕はボンクラ。君は一体何を考えているんだろう。描かれるのは一貫した、そんな僕と君との何気なくも時にほっこりとするような心象風景。そして作品内のボンクラ男子たちは、そんなちょっと変わった不思議女子に惹かれて奔走するのだ。

 

ドキドキ展開やエロはなくとも、ポップでキュートでどこか毒もある。それでいてほんのりと爽やかな読後感。頭にではなく絶妙に感覚に訴えかける作品世界は、どこか文学の香りさえ漂っている気がしてならない。

 

「何か面白い漫画ないかなー」という方や、昨今のラブコメに食傷気味の方に空想好きの方。そして何より、ちょっと変わった不思議女子に何故か惹かれてしまう僕を含む全てのボンクラ男子に、おすすめの作品である。ぜひ。

 

本日のテーマソング

スピッツ/惑星のかけら

 

 

 

 

ラブライブ!サンシャイン!!を観て思う 彼女らと同じく俺たちもまた輝きたいのだ

大晦日も過ぎ、いよいよ2018年がスタートしましたね。皆様新年あけましておめでとうございます。今年も飛躍の年にしてぇ、輝きを求めて行きてぇ、と今から気合がみなぎっている所存でございます。

 

さてさてそんな訳で2018年の幕が上がった訳だが、2017年の年末はいかがお過ごしだっただろうか。僕はというと今回も何かと慌ただしい年末だったが、深夜に再放送されていたアニメ・ラブライブ!サンシャイン!!を観て、明日への活力をチャージしたりしていた。僕が今年も無事に新年を迎えられたのは、ラブライブ!サンシャイン!!のお陰といっても過言ではない。ありがとう、ラブライブ!サンシャイン!!。ビバ!ラブライブ!サンシャイン!!。

 

何を良い年した大人がラブライブ!サンシャイン!!連呼しているんだ、キモ、あっちに行け!という声が聞こえて来そうだ。どうかブラウザバックしないでくれ。俺の話を聞いてくれ。

 

深夜、何気なくテレビを眺めていると始まったラブライブ!サンシャイン!!の再放送だが、始めは僕もそう思った。「もう俺はアニメ観てキャッキャッ出来ないわ、チャンネル変えるべ」と、思いリモコンに手を伸ばした。しかし、田舎の普通の女子高生である登場人物たちが「私たちも輝きたい!」と、スクールアイドル・Aqoursとして、涙あり笑いありの青春を全力全身で駆け抜けていく様に、目が離せなくなってしまった。気が付くと再放送された全話を観終えてしまった。とても面白かった。いつの間にか、輝きたい!と奮闘する彼女らに勝手に心を重ねてしまっていた。輝きたい!と願う、心の奥底にあるアツいエモーションを刺激されてしまったからだ。

 

スクールアイドルこそ目指してはいないものの、自身の日常を送る僕らにも、そんな輝きたい!という思いは存在する。思えば、子どもの時分からそうだった。小さい頃の僕といえば、とにかく仮面ライダーウルトラマンに憧れ、悪を挫く正義のヒーローになりたい、カッコ良くなりたいと、常に願っていたように思う。10代になるとイケてないボンクラ学生ながら、カッコ良い各国のロックスターたちに憧れ、「俺もこんな風に何かやらかしてみてぇ」とギターを手に取り、バンドを始めた。歌もギターも引く程ヘッタクソだったけれど、「カッコ良かったよ!」「面白かったよ!」と声を掛けられるとたまらなく嬉しかった。

 

要はしょぼくてしょうもない、そんな自分ではない何者かになりたかったのだ。しかしそんな変身願望もある一定の年齢になると、どこまで行っても結局は自分は自分でしかなく、いつだって自分の持っているカードで勝負しなくてはならない、ということにはたと気が付くのだ。一見華やかに見える仮面ライダーウルトラマンやロックスターもまた人間。急に生活が180度変わるような魔法や変身はなく、結局は自分は自分のままに変わりながら、勝負していく他ない。いつかoasisがSupersonicにて歌っていたように、あくまで自分自身のまま、人生という荒波を戦っていかなくてはならないのだ。

 

人間の生活は時として困難に阻まれることも多い。そんな時、心にある輝きたい!という思いはシュルシュルと音を立ててしぼんでいき、いつだって目の前のことだけでいっぱいいっぱいになってしまう。心なんぞはポキポキと簡単に折れてしまう。しかしそんな時こそ心を強く持ち、負けてられねぇわと、まだまだ終わってねぇのだと、俺たちだって輝きたいのだと、歩いて行きたいではないか。かつて憧れた正義のヒーローや、偉大なロックスターたちがあの頃僕らに教えてくれたのは、そんな強さとエモーションだったのではなかったか。

 

忙しさに我をも忘れてしまうかのような年末、忘れかけていたそんなエモーションに気付かせてくれたのは他でもない、ラブライブ!サンシャイン!!だったのだ。彼女たちは諦めない。襲い来る様々な困難にも負けずに、輝きたい!の一心で、普通の女子高生ながら立ち向かっていく。そうして始めこそボロボロだったが、1期最終話では圧巻のパフォーマンスで多くのオーディエンスを圧倒するのだ。あくまでも、自分自身のまま。輝きたい思いを胸に、ひとつひとつ壁を乗り越えて。

 

「そうだ、彼女たちと同じく俺たちもまた輝きたいのだ!」と、年と共に忘れかけていた青春のきらめきや、輝きたいと追い求める情熱を思い出したような心地がした。2018年、気持ちも新たに輝きを求めて行こうじゃないか。胸の高鳴る方へ、歩いていこうではないか。ひとつひとつ自分自身のままで。そうしたらきっとまた、何かが始まっていくはずさ。いや、きっと何かが変わる。そんな気がしている。皆様2018年もよろしくお願いしますね。

 

 

 本日のテーマソング

DOPING PANDA/Crazy

 

 

 

 

 

 

 

俺的2017年よく聴いた音楽大賞10選

年末も深まり早くも大晦日。2018年も数時間後に迫って来ましたね。そこで今年2017年の締めくくりとして、今年よく聴いた音楽を10グループに絞って紹介したいと思う。しかしあくまでも、俺的2017年よく聴いた音楽大賞である。2017年リリースの新譜は勿論のこと、過去にリリースされた作品も全て含めて、僕が「今年よく聴いた音楽」を余すことなく、思いのままに紹介していきたい。新年のレンタルの参考にするも良し、「なるほどねぇ、アツいねぇ」と読むのもまた良しだ。

 

そんな風によく聴いた音楽を紹介することで、2017年がどんな年だったのかまた違った形で見えてくるはず。そんな調子で今年1年を総括していこうではないか。それでは早速、気合入れていってみましょう。以下、10選いっくよん!

 

LOSTAGE/In Dreams

 

まずは今年満を持して発売されたLOSTAGEのIn Dreamsから。一般の販売店では流通させず、自身の運営するTHROAT RECORDSの店舗や通販、またライブ会場のみでの販売に挑戦した本作。

 

内容も本当に素晴らしく、LOSTAGEらしいゴリゴリに攻めた楽曲がカッコ良いのは勿論のこと、「窓」や「ポケットの中で」や「僕のものになれ」といった楽曲たちから伝わる優しさに何度勇気付けられたことか。何か始めようとする時やここ一発の力が欲しい時など、日常にある些細な場面で何度もそっと背中を押して貰った気がする。

 

syrup16g/delaidback

 

今年発売の本作delaidback。未発表曲を集めたアルバムながら、ただの未発表曲集ではなく、syrup16gが持つ魅力や底力がふんだんに盛り込まれた凄いアルバムだと思う。絶え間なく続く生活の奥底にある、絶望や希望に情けなさやエモーションなど、様々な感情が浮かぶようなアルバムで、一時期狂ったように聴いていた。

 

鬱ロックだなんて言われがちだけれど、そんな薄っぺらな言葉では表現しきれない、ふとした瞬間に気付く人間の複雑な内面が様々映し出された万華鏡のような1枚だ。再結成後リリースした作品の中で、個人的に1番好きなアルバムでもある。

 

delaidback

delaidback

 

 

THE YELLOW MONKEY/THE YELLOW MONKEY IS HERE.NEW BEST

 

今年リリースした再録ベスト。中学時代、夢中になって聴いていたTHE YELLOW MONKEYのギラギラとした過剰さとエロさに代わって、大人の余裕とロックンロール感のある良い意味でラフな演奏がぎっしりと詰まっていて、これがもう滅茶苦茶カッコ良い。

 

今年、以前まで勤めていた会社を退職した際には、「プライマル。」をテーマソングのように聴いていったっけ。元はイエモン解散時にリリースした曲だけあって、聴くたびに退職した際の不安と期待が入り混じる心情にリンクしてしまう。収録されている「プライマル。」は、当時抱えていたであろう葛藤も未練も1週したように爽やかで楽し気で、漂うそんな優しさに僕自身も背中を押されるような心地がしたものだ。

 

 

銀杏BOYZ/エンジェルベイビー

 

今年3か月連続シングルリリースを成し遂げた銀杏BOYZの、記念すべき1発目のシングル。3作リリースされた中では、これが1番好き。峯田氏も僕らファンも、同じように年を重ねて今では立派な大人になってしまったけれど、それでも変わらずにロックンロールへの愛を、ロマンチックに歌う姿に心を打たれてしまった。もうね正直に白状すると、初めて聴いた時には思わず泣いてしまったもん。

 

時間が経って大人になっても、変わらぬ悶々とした思いはやっぱり今でもある訳で。しかしそんな思いもそのままに、まるで「僕ら大人になってしまったけれど、それでもまだいけるよな!」と言われているような1曲で、初めて聴いたあの頃と同じく聴くたびに胸がギュッと締め付けられてしまう。最高か。

 

エンジェルベイビー(通常盤)

エンジェルベイビー(通常盤)

 

 

THE BACK HORN/イキルサイノウ

 

今年はやたらにバックホーンばかり聴いていた気がする。特によく聴いたのがこちらのイキルサイノウ。バックホーン特有のドロドロとしたある意味グロテスクな世界観はそのままに、儚さや優しさ、生きることの力強さなんかもひしひしと感じられて、落ち込んだ時なんかによく聴いたものだ。

 

アルバム全体の流れも素晴らしく、特に9曲目の「赤眼の路上」が狂おしいくらいに好き。儚くも泥臭い演奏に、

 

死にゆく勇気なんかない それなら生きるしかねえだろ

作詞作曲THE BACK HORN 「赤眼の路上」より引用

 

と、力強さに溢れた歌詞を叫ぶボーカル。ビリビリと伝わってくるアツいエモーションによって、シュルシュルとへこみ小さく萎んだ心に、徐々に火が付いていくのを感じる。聴くたびに負けてらんねぇわ、とアツい気持ちが蘇ってくるのである。今年何度も聴いたけれど、これからもずっと聴いていくであろう名盤。

 

イキルサイノウ

イキルサイノウ

 

 

65daysofstatic/The Destruction Of Small Ideas

 

今年はポストロックに目覚めた1年でもあった。特に65daysofstaticをよく聴いた。静と動を繰り返しながら、時に儚く時に激しく飛び回るピアノやギターのメロディが美しい。 一見無機質なように見えて、徐々に広がっていく叙情的な音の景色にうっとりとさせられてしまった。

 

中でも初めて聴いたこのアルバムがすごく好き。人恋しくなる深夜にピッタリで、ふと寂しくなるたびによく聴いた。歌が無くても演奏のみでこんなに心に響く音楽があるのかと、驚いたもの。ライブがあれば是非観に行きたいバンドのひとつだ。

 

The Destruction Of Small Ideas

The Destruction Of Small Ideas

 

 

Jimmy Eat World/Futures

 

友人から借りて聴いて、ビックリしたのがJimmy Eat Worldのこのアルバム。2016年にエモ系のバンドにハマってから、色々なバンドを聴いたけれど、やはりJimmy Eat Worldは最高にカッコ良い。秋口の何だかおセンチな気分の時や、「エモ系が聴きてぇな」という気分の時に本当によく聴いた1枚だ。

 

こちらも各曲は勿論、アルバム全体の流れが素晴らしい。特に「Work」から「Kill」の流れが凄まじく良いのだ。静かに始まる緩やかな出だしから突入する、疾走感のあるセンチメンタルなメロディのサビ。「最高かよ!」と毎度思ってしまう。音楽的にはよく用いられる手法だけれど、流石は王者Jimmy Eat World。カッコ良くセンチメンタルかつ叙情的に魅せてくれる。

 

Futures

Futures

 

 

・DRIVE LIKE JEHU/YANK CRIME

音楽好きにはあるあるな、音楽を次々と遡って聴いていく旅の中で、エモの流れで今年発掘したのがこちらのDRIVE LIKE JEHUのアルバム。複雑な構成の曲展開ながら、ひたすらに疾走し続ける楽器陣のソリッドな演奏が、とにかくカッコ良いポストハードコアバンドだ。

 

特に「Golden Brown」という曲が好きで、何度も聴いた。何とも形容しがたい不思議なメロディの中で、ふとした瞬間に香るキャッチーさが中毒性抜群で、飽きずにひたすら繰り返し聴いていたっけな。何度聴いても新たな「カッコ良い!」が見つかる、そんな中毒性のあるバンド。

 

Yank Crime

Yank Crime

 

 

Led Zeppelin/Led Zeppelin Ⅳ

 

振り返ってみれば今年は、これまであまり聴いてこなかった60年代や70年代のアーティストもよく聴いた1年だった。現在26歳の若輩者故、所謂ロックンロールのムーブメントをリアルタイムで体験していないのだけれど、それでもこのアルバムを聴いて、当時のリスナーの受けた衝撃に妙に納得してしまった。いやだって、こんな凄いアルバム聴いたらそりゃ絶対ビックリするでしょ。2017年の今聴いてもビックリしたんだもの。それくらい今年聴いた中で衝撃を受けた1枚。

 

曲も演奏も、当時のメンバーのビジュアルも、全てにおいてちょっとこれはカッコ良すぎじゃないだろうか。特に「Stairway To Heaven」の今にも空に昇っていくようなギターソロ。カッコ良すぎでしょ。ジミー・ペイジのこの曲のギターには、確実にロックンロールの魔物が宿っていると思う。個人的に、この曲をギターで完コピするのが2018年の目標のひとつである。

 

Led Zeppelin IV [REMASTERED ORIGINAL1CD]

Led Zeppelin IV [REMASTERED ORIGINAL1CD]

 

 

・Catfish And The Bottlemen/The Balcony

 

2017年の夏頃に最も僕の心を掻っ攫ったのが、彼らCatfish And The Bottlemen。今年2017年の夏はCatfish And The Bottlemenと共にあった、と言っても過言でないくらいヘビロテして聴いていた。

 

00年代のロックンロールリバイバルのバンドたちのような熱い無骨さと、UKのバンドらしいクールなスタイリッシュさも同居した音作り。照り付ける暑い太陽の下で、爆音で聴くCatfish And The Bottlemenの音楽は、そんなロケーションにぴったりで実に気持ち良かったのを覚えている。

 

ザ・バルコニー

ザ・バルコニー

  • アーティスト: キャットフィッシュ・アンド・ザ・ボトルメン,キャットフィッシュ&ザ・ボトルメン,ヴァン・マッキャン
  • 出版社/メーカー: Hostess Entertainment
  • 発売日: 2014/10/15
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る
 

 

・音楽の鳴り響く1年だった2017年

 

何気なく書き始めた、この俺的2017年よく聴いた音楽大賞10選だけれど、こうして見ると「とにかく音楽の鳴り響く1年だったなあ」と感じる。退職もあって、悩みや葛藤や決断もこれまで以上に多い1年だったけれど、振り返ればその分、日常の中の様々な場面で心にはいつも音楽があったのだと改めて思うのである。励まされたり勇気付けられたり、時に浸ったり。やたらに泥臭くてアツい音楽やセンチメンタルな音楽に、優しい音楽が多いのがその辺りを如実に物語っていますね。

 

2018年はどんな音楽に出会うのか。そしてこれからどうなっていくのか。まだまだ先は分からないけれど、2018年も目標に向かって歩を進めていけたら良いな。希望を胸に2018年もドーンといこうではないか、ドーンと。もう今から気合に満ち溢れている。まだ見ぬ2018年も希望を込めて、皆様来年もよろしくお願い致します。

 

本日のテーマソング

GOING STEADY/銀河鉄道の夜

 

 

 

灰色のクリスマスを余儀なくされた僕たちへ

f:id:kawabeko1991:20171222095804j:plain

 

クリスマスが今年もやって来る。テレビを見れば、ケーキやチキンなどのCMや特集がわんさか流れ、町に出ればプレゼントを買いに賑わう人たちや、綺麗なイルミネーションに集まるカップルたちの姿を見ることができる。今年の24日は日曜日ということもあって、きっと当日は盛り上がることだろう。

 

実に楽し気で良いなあと思うのだけれども、この世ではどうしても有象無象の全ての物事において、陽と陰、または正と負、強者と弱者といった具合に、2つの勢力に分かれてしまうのが悲しいところ。クリスマスもまた然りだ。クリスマスも分かれてしまう。それも明確に。笑っている者と泣いている者に。勝ち組っぽい者と負け組っぽいものに。町がクリスマス特有のハッピーなムードに溢れるたび、そんな残酷な線引きが明確に、浮彫になってしまうのだ。

 

何故そんなことを考えていたかというと、先日ネットを見ていた際、ある記事が目が留まったからだ。幸せなクリスマスのムードに隠れ、人知れずクリスマスを憎んでいる人たちも一定数いるのだ、という内容の記事であった。そこでは何故クリスマスが嫌いなのか、その理由をそれぞれ述べていたのだけれど、その意見に心を撃ち抜かれてしまった。記憶の奥底に沈めて忘れていた、傷だらけの青春の日々を思い出して、余りのエモさに悶えてしまった。

 

そこにはおおよそこんな意見が寄せられていた。「恋人と過ごす日!みたいな世間の風潮が嫌だ」「クリぼっちって言葉がまず不快」「人混みが多すぎて嫌だ」「仕事を始めてから嫌になった」などなど。なるほど、これ全部分かるわ。分かり過ぎる程分かるし、俺は君たち全員抱きしめたいよ。

 

思い返せば子どもの頃を除いて、僕もクリスマスにあまり良い思い出がないのだ。似たような友人たちと「何がクリスマスじゃ!彼女いなくても負けてらんねぇんだよ!」と町に繰り出したは良いものの、カップルのあまりの多さに気圧され、敗北感と共に帰宅した高校時代。恋人と過ごす友人たちのツイートを眺めながらバイトを終え、ひとり負けじと愛機のフェンダージャズマスターと購入した来たケーキと共に、自撮りツイートに励んだ大学時代。就職してからは遅くまで働き、何故か頂いた1ホールのケーキをぶら下げて帰ったっけ。吉井和哉氏のバッカを聴きながらひとりで食べてて、あの時は寂しさと量の多さにちょっと本気で泣くかと思ったな。

 

それ故に、クリスマスを忌み嫌う人たちの気持ち、よく分かる。かつての僕もそうだった。しかし、だからこそ。ふてくされていてはいけないのではないか。灰色のクリスマスを余儀なくされた、僕たちにしか出来ない楽しみ方があるのだから。

 

とにかく、そんな灰色のクリスマスを受け入れるのだ。自暴自棄にならずに、そんな状況さえも笑いの種にしてしまえば良いではないか。そんなしょっぱいクリスマスという場数を多く踏んできた為、面白エピソードには事欠かないのが僕らじゃないか。友人知人や同僚などを、後で爆笑の渦に巻き込んでしまおう。最後に笑えれば、それでオールオッケーだ。そしてハッピーな人間関係を築いていこうじゃないか。

 

先日、前述したしょっぱい高校時代を共に過ごした友人から、クリスマスに会おうではないか、と久々に連絡が来た。高校時代を思い出し「今年のクリスマスはぶちかまそうぜ」と送ったところ、「とことんやってやろうよ」と返信があった。お互い、いくつになっても熱いマインドは何も変わっていない。今年もまた、どんな面白可笑しいエピソードが生まれるのか楽しみだ。

 

恋人がいようがいまいが、仕事があろうとなかろうと、予定があろうとなかろうと、好きだろうが嫌いだろうが、それぞれがハッピーな日であれば良いではないか。皆等しく笑顔のある1日になることを祈っている。少し早いけれど、メリークリスマス。

 

本日のテーマソング

吉井和哉/バッカ

 

 

 

 

関西出身のロックバンドが最高に熱いし、カッコ良い。

普段ウォークマンで音楽を聴いていることが多いのだけれど、ある日はたと気付いたことがある。「あれ、俺最近関西のバンドばっかり聴いておる・・・」とふと思ったのだ。関西のバンドといっても、現在は東京で活動しているバンドや今も地元で活動しているバンドと様々だけれど、最近好きでよく聴いているバンドがどれも関西出身のバンドばかりなのである。

 

運命の一致か何なのか。ただひとつだけいえるのはどのバンドももう最高に熱いし、死ぬほどカッコ良いということだけだ。高鳴る衝動に心も身体も打ちのめされるような、そんなバンドばかり。「最近何かつまんねぇな~」とお嘆きのロックファンの方々にこそ、是非とも聴いて欲しい。今回は退屈を打ち破り、心と身体に効く関西のバンドを一方的に紹介していきたい。血沸き肉躍るような、ゴリッゴリのロックを爆音で聴いてブチ上がろうじゃないか。

 

・Age Factory

 

youtu.be


まず初めに紹介したいのがこちら。奈良県を拠点に今や全国で活動する3ピースオルタナティブロックバンド、Age Factory。

 

友人の車の中で、「カッコ良いバンドがあるんだよ!」と聴かされたのが彼らとの最初の出会いであった。聴いた瞬間から、「な、何だこれ!カッコ良いー!!」と少年のようにビックリしたのを覚えている。テレキャスターから飛び出す切れ味の鋭いソリッドなギターに、パワフルで緩急自在なリズム隊。それに乗るボーカル・清水氏の感情と魂を塊にして吐き出すようなハスキーな歌声。エモーショナルながらどこか寂しさを感じる楽曲も相まって、もうぼっこぼこに打ちのめされてしまった。

 

肉体に訴えかける衝動的な部分と、心にグサっと刺さっては優しく沁み込むセンチメンタルな部分が同居しているバンドだと思う。そういうバンドは、中々いないような気がする。1度ライブで観たいバンドのひとつだ。

 

RIVER

RIVER

 

 

・GEZAN

 

youtu.be

 

 大阪で結成され、現在は東京を拠点に活動しているバンド、GEZAN。彼らの自主レーベルである十三月の甲虫主催のイベント、全感覚際17が開催されたのも記憶に新しい。破壊的かつ暴力的な楽曲の中にキラリと光る、ポップさと文学性が何とも魅力的なバンドである。何というか中毒性が半端じゃないな、と彼らの楽曲を聴くたびに思う。ノイジーでサイケディックなパンクサウンドにやられながらも、気付けばまた何度も聴きたくなってしまう。そんな不思議な中毒性のあるバンドだ。

 

良いロックバンドに出会った時って、いつだって「何だこれ!?」という形容し難い衝撃があるものじゃないですか。僕にとって今年最もそんな「何だこれ!?」をさらったのが彼ら、GEZANだ。ノイジーだったりサイケだったりと爆音で疾走しながらも、時折香る叙情性に圧倒されてしまう。見慣れた風景がまた違って見える。そんな時がある。激しいばかりではなく、文学的かつ叙情的な風景が見えるような彼らの音楽に、いつだって心を締め付けられてしまう。カッコ良いバンド特有の、「何だこれ!?」があるバンドだと思う。

 

 

凸-DECO-

凸-DECO-

 

 

8otto

 

youtu.be

 

 次は大阪出身のロックバンド、8otto。最近の僕はというと、もうずっと8ottoばかり聴いている。the strokesの如き、極限まで無駄を省いた洗練されたバンドサウンドが気持ち良い。ひたすらにクールでソリッドな音像に思わず身体を揺らしてしまう、そんなロックンロール。

 

しかし、ただクールなだけが魅力じゃない。1曲の中で、冷静さと情熱の間を行ったり来たりする、その楽曲構成の巧みさが最大の魅力だと思う。ギターやベースにドラムやボーカルといったピースがぴったりとはまったように、それぞれのパートが複雑に絡み合って展開していく様の、何て気持ちの良いことか。歌も演奏も曲の中でそれぞれ見せ場があって、結果全パートめちゃくちゃカッコ良い。クールさも持ちつつ、ロックンロールの熱さやカッコ良さを体現したような、めちゃくちゃカッコ良いバンドだと思う。

 

また現在は、メンバーそれぞれ普段は別の仕事をしながらも、アジアンカンフージェネレーションの後藤氏のプロデュースで6年ぶりにニューアルバムも発売され、今後の活動に注目が集まっている。普段は働きながらバンド活動を行う。不況といわれる音楽シーンで8ottoの提示した新しい音楽活動のあり方が今後どうなっていくのか、いちファンとして目が離せないし、今後も応援していきたいと思う。

 

Dawn On

Dawn On

 

 

LOSTAGE

 

youtu.be

 

関西のバンドといえば、これは外せない。奈良県で活動するロックバンド、LOSTAGEである。たびたびこのブログでも紹介しているため、知っている方も多いだろう。

 

デビューから一貫して、エモやポストハードコアといったオルタナティブなロックからハードロックなどを基調とした、有無を言わせず「カッコ良い!」と思える音楽を鳴らし続けているバンド。最近では「ポケットの中で」のMVに見られるように、歌に焦点を当てた生活の中で浮かんでは消えていく様々な感情をすくいあげるが如き、優しい曲も増えている。ここ一発の力が欲しい、そんな時にこそ聴きたくなってしまう。そしてそのたびに「お前も頑張れよ!」といわれているような気がして、いつだって目頭が熱くなってしまうのだ。

 

また度重なるメンバー脱退から、メジャーやインディーのフィールドを数々渡り歩き、現在は自主レーベル兼レコードショップとしてTHROAT RECORDSを経営するなど、バンド活動における飽くなき探求心も素晴らしい。先の8ottoもそうだけれど、現状に満足せずに不器用ながらも常に前進して活動を続ける様は、いちファンとして応援したいし勇気づけられるものがある。音楽や人間性に触れるたびに「俺も何かやらかしてぇ」と衝動に駆られる、音も生き様もカッコ良いバンドだ。

 

Guitar

Guitar

 

 

・関西のバンドはやはり最高に熱いしカッコ良い

 

全部で4バンド紹介したが、いかがだっただろうか。何というか、どのバンドもファッションやポーズではなく、心の奥底から湧き上がる衝動ともいえる魂で活動しているようなバンドばかりではないだろうか。泥臭くもその生き様やスタンスからもうカッコ良いと思えるし、それが音にも表れているではないか。そうした音楽は身体は勿論、心も揺れる。そして僕はそんなバンドが大好きだ。最高に熱いしカッコ良い。

 

「何だか最近退屈だなあ」という方は勿論、「最近疲れてるなあ」という方、ぜひ聴いてみてはいかがだろうか。何かと疲れることも多い年の瀬に、もしかしたら普段とはまた違った風景が見えてくるかもしれない。

 

本日のテーマソング

cowpers/lost

 

 

とある町医者の片頭痛に悩む俺を救ったひと言

いよいよ冬将軍が本格的に到来して、町も冬の匂いが漂ってきましたね。クリスマスも間近に迫り、どことなく浮足立った世間の雰囲気とは裏腹に、俺は怒っていた。憤怒の念が遂に爆発した俺は、あろうことか乾燥してカピカピになった冷えピタを張り、外出することに決めたのだった。ファッション性ゼロ。オカンが近くにいたら、きっと「みっともないからやめなさい!!!」などとブチ切れていただろう。

 

何故そのような奇行に走ってしまったのか。ストレートにいうと、冬になってからというものとにかく頭痛が酷いのである。子どもの時分より片頭痛に悩まされてきた経験上、恐らく低気圧が原因だと思われる。目の奥からこめかみにかけて、常時とにかく痛えのである。寝ても覚めてもギリギリと縄で締めあげるように激しく痛むのだ。心がシュルシュルと風船のようにしぼんでいくのを感じた。

 

そこで「このままではいけない!」と持ち前の探求心で、寝る前にインターネットで調べてみた。どうやら「低い気温による血行の悪さ」や「低い気温による頭の血管の収縮・拡張」が原因のようだ。なるほど、あたらずとも遠からずじゃないか。そして片頭痛の対策を調べてみれば、「ストレスや睡眠、食事に気を付けよう」といった旨が記されている。うーむ、と少し考えてしまった。(勿論本当に具合の悪い場合もあるので、全て鵜呑みにせずしっかりと病院に行って専門医の診断を受けましょう。)

 

要は正しい生活習慣を心掛ける必要があるのだけれど、これが中々に難しい。ひと言でストレスをなくそうといっても、そこには無数の壁が立ちはだかる。ストレスを完全に解消しようとすれば、そこに更なるストレスが生まれることは確実だ。生活習慣もまた然り。それを全て完璧にこなして生活することなど出来るのだろうか。そしてそれを全て完璧にこなせたら果たして幸せなのだろうか。それはそれでがんじがらめになってしまいそうじゃないか。

 

そうして眠りの淵でまどろみながら、とある町医者の言葉を思い出していた。以前不眠状態に陥った時に訪れた近くの内科の先生の言葉だ。(その時の日記がこちらです)

 

kawabeko1991.hatenablog.com

 

その時も確か「生活習慣を少しずつ正していきましょう」というお話があったのを覚えている。しかし先生はその後、「まあ生活習慣つっても、現代人の生活がまず悪い生活習慣の上で成り立ってるからねぇ~」と笑ったのだった。「こればっかりは仕方ないからねぇ~」何ていいながら。何とも適当過ぎるひと言に思わず笑ってしまったものだけれど、そんな適当なひと言に少し救われたような気がした。

 

何つぅか、何事も意固地にならずにある程度「これは仕方ねぇな」と笑い飛ばしながら、気楽に構えている位が丁度良いのではないだろうか。その上で自分が出来そうな範囲から少しづつ改善を試みていけば良いではないか。生活の中で度々訪れる体調不良などの原因を、全部が全部「悪いもの」として取り除く必要はないのかもしれない。過剰にそこに意識を回せば、きっと縛られて何も出来なくなってしまうばかりか、かえってフラストレーションが溜まってより悪いことになってしまう気がする。不眠状態の時なんて正にそんな感じだったし。

 

もうすぐ年も明ける。年末の忙しさに気が滅入ってしまうことも多いかもしれませんが、そんな時程肩の力を少し抜きながら最後まで一緒に駆け抜けましょう。抗うことの出来ない大きな壁は多々あるけれど、そんな時こそ「仕方ねぇな~」と笑いながら、時にギャグにしたりしながら乗り越えて行こうじゃないか。

 

本日のテーマソング

8otto/Ganges-Fox