読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黴ブログ

好きなものやことを、徒然なるまま書き散らす。

君の名は。を観た

絶賛公開中の新海誠監督の映画、君の名は。を先日観てきました。

ぼっちで、かつその日のラストの部だったのだけれど、たくさん人が入っていてびっくり&なんだかロンリーな気持ちになったよ。

全作品を観た訳ではないけれど、元々監督のファンで、すごく楽しみにしていた映画のひとつだったので、観に行けて良かった。

 

ただ楽しみな反面、不安な気持ちもどこかにありまして。

公開前からすごい話題になっていたし、キャラデザも「あの花」の方で、音楽担当にRADWINPSと、かなりメジャー感漂う顔ぶれで、あらかじめヒットする、させる気合がバリバリに伝わっていて。

好きなバンドが売れた途端、「何か違うなあ、俺が求めてるのは、そういうんじゃないんだよ!!」てなってしまう、あの置いてきぼり感?に近い感情を抱いてしまうんじゃないか、というような思いもありまして、少し不安だったのだけれど。

結果としては、すごい良かったです。映画としては勿論、エンターテイメント性も抜群ですごい楽しめました。

 

正直途中までは、「これ、新海監督が作る必要あるのかなー」等と思いながら観ていたのですが(完全なるアンチですね。。笑)、後半1時間の展開で一気に引き込まれてしまいました。

監督の作品の、美麗な背景描写や、観る側の想像に訴える会話の「間」や独白、そして「君と僕の半径5mの世界」とでも言いましょうか、完全なるYou&Ⅰの世界観が僕はとても好きなのだけれど、前半あまりそれを感じられなくて。

あまりにポップでコミカルな展開に「何でい!何でい!」と多少ふてくされたような気持ちで観ていたのだけれど、最後まで観て良かったです、後半の怒涛の展開で本当に引き込まれた!!

 

散々言っておいてアレですが、単純にストーリーとしてもすごい面白かったし、表現者としての軸が全くブレていないなーと感動したよ。

この新海誠監督、初期から一貫してYOU&Ⅰの世界をテーマに描いてきた方だと思っているのですが、こうした「君と僕の半径5m世界」に圧倒的エンターテイメント性を加えて、SF要素をブチ込み、さらにボーイミーツガールな展開を絡めて、スケールをより大きくして、で面白くない訳が無いな!!と思うのです。

先に挙げた新海誠節とも言える、「君と僕の半径5mの世界」も今作でも全開で、むしろ前半でのコミカルなパートが伏線になって、より新海節が強調されて胸に迫ってくるようでした。

ありがちな表現ですが、これまでの作品の集大成であり、これまでの作品のその先へ進んだ傑作なのでは、と思います。

秒速5センチメートルの圧倒的エモさに打ちのめされた人とかにも是非観て欲しいなあ、なんて思いました。

 

繋がるものがきっとあるのだと、少し未来に希望が持てるような気がした、そんな映画でした。

恋や愛から随分と遠ざかった生活を送っている僕だけれど、昔に比べて随分とひねくれてしまったけれど、もしも「運命の人」がいるのなら、是非会って語らいたいなんてことを思った。

話したいことや、伝えたいこと、まだまだ山ほどあるもの。

信じましょう、心から。やっぱり映画って良いものですな。

 

動画は最近よく聴いてる1曲。

エモいね。名曲。

www.youtube.com

 

本日のテーマソング

chara/タイムマシーン