読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黴ブログ

好きなものやことを、徒然なるまま書き散らす。

ASIAN KUNG-FU GENERATION 「ソルファ」を聴いた

先日のsyrup16gの記事に引き続き今回も、書いてなかったけど遅ればせながらレビューしてみようじゃないか企画を実施します。そんな今回は我らがアジアンカンフージェネレーションの新録盤・ソルファ。このアルバム、僕と同世代の、20代中盤の音楽ファンなら持ってはおらずとも、恐らく高確率で聴いたことがあるんじゃないでしょうか。

 

中学時代におけるアジカンと言ったら、NARUTOの主題歌だった遥か彼方で火がついて、鋼の錬金術師の主題歌のリライトで一気に爆発したって感じで、影響力が半端じゃなかった記憶があります。「お前普段ロックとか全然聴かねぇべや。。」て感じの、いけ好かない感じの、イケイケで何故か調子にお乗りになっている感じの、ウェイウェイうるせぇ感じの連中まで歌ってたもんな。学校指定のジャージずり下げ過ぎて、トランクス見せまくったりしてな!!!何それ見せパンかよ、それがこの国のオシャレか、パリコレかって思ってたな!!!そういうのあんまり好きじゃなかったな俺は!!!だからジャージすらもシュッとした丈で履いてたもんね俺は!!!後半ただの逆恨みだな。若干脱線しましたが、バンプエルレと並んで、当時のロキノン系バンドの御三家的立ち位置で、音楽ファンは元より、そうじゃない方々にまで浸透していたような印象があります。今のバンドで言うと、どのバンドがその立ち位置にいるんでしょうね。分かりませんが、とにかく今考えるとすごいムーブメントだったなあ、と思う訳です。

 

そしてこのソルファ、僕自身始めて購入したアジカンの記念すべきアルバムであり、ギター始めてからはほとんどの曲をコピーした程に好きで思い入れのあるアルバムなのです。コピーバンドもやったよあたしゃ。こりゃあ文をしたためねばなるめぇ。。とPCを開いた次第。という訳で本日のガチンコレビューはアジアンカンフージェネレーションの新録ソルファでございます。それではいっくよー!!

 

 

ソルファ (2016)(初回生産限定盤)(DVD付)

ソルファ (2016)(初回生産限定盤)(DVD付)

 

 

こちらのアルバムは、元のオリジナルのソルファ(2004年リリース)から12年たった今、再レコーディングという形でリリースされた作品。あの頃聴いていたソルファとは質感もフィーリングも違いますが、楽曲のカッコ良さや素晴らしさは変わらずに、今現在のアジカンにしか鳴らせない、正に2016年の新しいソルファになっていると感じました。

 

アルバム全体を通して、個人的に不安を感じていた、かつてのソルファを元からひっくり返すような露骨なアレンジの変化はあまりなく、02.リライトや09.Re:Reなど、ライブでのアレンジを反映させたバージョンが基本になっております。そうした中でシンセやストリングスなど、これまであまりなかったような音色がプラスされており、それによって全体的により曲に深みや奥行きのようなものが増しているな、一聴して感じました。そして個人的に感動したのが、バスやベースなどの低音部が強調された音質の変化。かつてのソルファのシャリシャリとした渇いた音像からのそうした変化によって、特に山田氏のベースがより鮮明になっています。
これまでどこか埋もれがちな印象だったのが一転、ベーシストとしてのカッコ良さが際立っています。
それによってベースの渋いフレーズは元より、演奏自体もより強靭でグルービィになっていると感じました。
リリースから12年たって得た、プロの迫力を感じさせます。
また楽曲の細かい歌いまわしや、コーラスの乗せ方、楽器の細かいフレーズなどが所々違うのもひとつポイントかなと思います。ソルファのあのがむしゃらな、どこか青さを感じさせるようなイメージとはまた違った、今現在の円熟味を増したアジカンを感じられてとても良いなあと。

 

ひと通り聴いて感じたのは、収録させれている楽曲自体は、かつてのソルファと同じでも、演奏、アレンジ、質感やフィーリングは正真正銘2016年現在のアジカンだなということです。度々話題に挙がる、どちらのバージョンが好きか?という視点ではなく、我々リスナーと同じく、12年たって様々な経験の中で変化し、そして成長したバンドの姿を楽しめれば、こんなに素敵なアルバム、なかなか無いんじゃないでしょうか。かつて我々が夢中になって聴いていたこれらの楽曲、変わった部分はあるけれど、あの頃の思い出と楽曲のカッコ良さは全く変わっていないのだから。個人的にずっと聴き続けているファンの人は勿論、かつて聴いていたが離れてしまった人、逆に昔のアジカンは知らないなあ、という若いファンの人、そんな方々にこそ聴いて欲しいアルバム。今も昔もソルファはやっぱり名盤ですな、と中学生の頃と同じくそんな風に感じました。是非。

 

本日のテーマソング

ASIAN KUNG-FU GENERATION/海岸通り(新録ソルファのこれ、滅茶苦茶良い)