黴ブログ

好きなものやことを、徒然なるまま書き散らす。

猛暑日が続いておりますがお元気ですか

ここ数日「本日は猛暑日です、外出の際はお気を付けください。」なんてテレビの報道を目にするたびにゲンナリしています。連日暑い日が続いていますが皆さんはお元気でしょうか?僕はというと全くもって元気じゃないです。あまりの暑さに溶けてしまいそうになっている。というか毎日溶けている。

自宅から徒歩2分の距離にある最寄り駅に向かうだけで「この人水被ったのかな?」と思われんじゃねぇかな、て位に汗をかいている。その時点で家に直行してシャワー浴びて着替えたくなるもの。

かなりの暑がりで汗かきである自覚があるので、毎年のことだけれどこの季節は本当に辛いものがある。もう制汗スプレーとかボディシートとかの汗対策グッズとかも我々汗かきズには何の効果もないからね。電車や屋内など空調が効いているいるはずの場所でさえも汗かきまくってるからね。悲しい。

 

そんな訳で今回は、極度の暑がりで汗かきな僕がお家で出来る簡単暑さ対策についてダラダラと書いていこうかなと思います。お前はタレントか!!なんてツッコミが聞こえて来そうですが思いついたものは仕方ないじゃない。へー何て感じで見て頂けたらこれ幸い。

 

まあ対策と言っても何のことはない、「大きめの保冷剤をタオルで巻いて使う」これだけしか無いのですが。これ、最近思いついて連日やっているのですが、本当に素晴らしい。夜眠る際は枕にしてヒンヤリ。それ以外の時は首に巻いたり、tシャツの中に忍ばせたりでヒンヤリ。これが意外に涼しくて、まさにクーラーいらずて感じでとても調子が良いです。是非試して頂きたい。クーラーは涼しいけれどどうしても電気代が高くついてしまうしね。

 

後は暑苦しくてエモーショナルな音楽を爆音で聴く、というのもひとつの手かと。涼しくなるどころか余計に暑くなってしまうけれど、良い音楽でテンションを上げることにことによって暑さが気にならなくなるという作戦。

音楽はニューヨーク出身のエモバンド・TAKING BACK SUNDAYのファーストアルバムがオススメ。

 

テル・オール・ユア・フレンズ

テル・オール・ユア・フレンズ

 

 

 

ジャンル的にはパンク寄りのエモ、という感じで、アメリカのバンドには珍しく何となく童貞臭さと青臭さが滲み出る音楽性が夏にぴったり。その何となく青春パンク感もなくはない雰囲気に、イケてなかった高校時代の夏休みを思い出して熱くなったりノスタルジーを感じたりで個人的に夏にすげえマッチしてる気がします。

当時の夏休み、僕は連日部活で登校していたのだけれど、当時好きだった娘も同じく部活で毎日登校していて。部活自体は全然違ったのだけれど、「会えるかなー」とか思って無駄に校内うろつき回ったりしていた夏休み。会えたところで緊張してまともに口もきけない癖にやたらガッツだけはあったように思う。のちにフラれたけど。

 

不思議なもので彼らの曲を聴いているとそんなしょっぱい青春のエピソードを思い出して熱くなってくる。「また何かやらかしてえなー」思うその熱いテンションでこの暑い熱帯砂漠も気にせず駆け抜けたいです。わりとこういう作戦も悪くないんじゃないかなーと笑


Taking Back Sunday - Great Romances of the 20th Century

 

youtu.be

 

何だか最終的に対策どころか自分語りみたいになってしまった気がしますがいかがでしたでしょうか。要は簡単な暑さ対策とテンションの上昇によって、夏を乗り切れば良いんでない?ということです。夏自体はまだまだ好きになれそうにないけれど、そうやって乗り越えたらそれはそれで良い思い出になるのかもしれないですね。てかだから夏には花火だったりフェスだったりバーベキューだとかイベントごとが多いのか。納得。良い感じのオチが思いつけないので今日はこの辺で。文章にオチをつけるのが苦手なんだなあと最近は実感しています。ばいちゃー。

 

本日のテーマソング

かげぼうし/掌