黴ブログ

好きなものやことを、徒然なるまま書き散らす。

日常

かっこいいロックが聴きたいならzArAme「1」を聴くべし!!

時々「かっこいいロックバンドの条件って何だろう?」と考えることがある。曲のクオリティが高くてテクニカルなバンド?それとも見た目も曲の雰囲気もスタイリッシュなバンド?非常に感覚的な物のため、人それぞれで答えは違ってくるだろう。ちなみに僕は、…

摩耗してひび割れゆく毎日に 心のアイドルを持つべし!

ソーシャルゲームの「アイドルマスターシンデレラガールズスターライトステージ」にハマっている。リズムゲームを楽しみつつ、好きなキャラをトップアイドルに育成していくというゲームなのだが、これが面白い。最近は推しのアイドル・高垣楓さんの担当プロ…

何をやっても上手くいかない日は、頭の中でアジアン・カンフー・ジェネレーション「遥か彼方」が爆音で流れ出す

我らがアジアン・カンフー・ジェネレーションの名曲のひとつに「遥か彼方」という曲がある。記念すべきデビューアルバム「崩壊アンプリファー」の1曲目で、アニメ「NARUTO」の主題歌にもなったこの曲。同世代の音楽ファンなら知らない人はいないだろう。 開…

英雄になれなかった俺たちはそれでも生きていく 27クラブを夢見たいつかの少年の話

かつて、27歳で死にてぇと思っていた。別に自殺願望があったとかそういうんじゃない。ただ、伝説の男になりたかった。正確にいえば27歳で死に、ロックンロールの歴史において度々語られる、かの有名な「27クラブ」に名前を刻みてぇ、と漠然と考えていた。 「…

僕たちは最近の邦楽ロックが聴けない 邦ロックアイドル化問題

突然ですが皆さんはロックはお好きだろうか。僕?僕はというともう滅茶苦茶好きだ。古き良きロックンロールにエモ、パンク。ポストロックにヴィジュアル系、ハードロックに。あ、ラウドロックなんかもいいですね。 好きなロックのジャンルを挙げたらもうキリ…

ロックスターにならう 上手なストレス発散方法!

ストレス。それは現代に潜む闇。極度のストレスは頭痛や動悸に肌の不調、果ては不安やうつ状態も引き起こす。どんなに完璧でスタイリッシュに見える人でも、その裏でこいつの魔の手に非常に悩まされているということも多い。生活の中で切っても切れない存在…

俺的!最高にエモいおすすめのエモバンド10選

世の中に数多存在するロックの中でも、僕は「エモ」と呼ばれるロックが大好きだ。 一般的に、疾走感溢れる感情的な演奏に乗せて、情緒溢れる哀愁のあるメロディを歌ったロック、と定義されるエモ。初めて聴いた高校生以来、ふと気付けばエモを感じるバンドば…

疲れた全ての大人たちよ、今こそ癒しのぬいぐるみを持つべし!

実は僕には、皆様に申し上げていない秘密がある。普段この日記ではひとり暮らしを前面にアピールしているが、厳密に言えばひとり暮らしではないのである。と言うのも、ひとり暮らしに見せかけて僕の部屋には2人の同居人がいるのだ。今回はそんな僕の、秘密の…

syrup16gが活動休止!?それでも僕はシロップが好き

遅ればせながら先日、syrup16gが活動休止するというニュースを聞いた。最新アルバム「delaidback」発売後のツアーである、COPY発売16周年記念ツアー「十六夜<IZAYOI>」にてアナウンスされたとのこと。 初めてその知らせを聞いた時にはぶったまげた。精力的…

やたらとマウントを取るのが大好きなバカ者たちへ

普段の生活で交わす、上司や同僚、友人や家族とのコミュニケーションにおいて、こんな会話を経験したことはないだろうか。 「いや~最近忙しくて3時間しか寝てねぇよ~、お前は暇そうで羨ましいわぁ~、最近昇進して忙しくてさ~、まぁ毎日充実してっからい…

初めてのエレキギターこそ見た目がかっこいい1本を選ぶのだ

前回「初心者でも大丈夫!大学の軽音楽サークル入部のススメ」と題して、上から目線で好き勝手にアドバイスを語る記事を更新した。 kawabeko1991.hatenablog.com そこで1点、楽器を始めるにあたって重要な、あるポイントを書き逃してしまったので、今回は補…

初心者でも大丈夫!大学の軽音楽サークル入部のススメ

新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。今年大学に進学した子たちも、既に入学式を終え、きっと今頃は「どのサークルに入ろうかなあ」と悩んでいる時期なんじゃないかと思う。 大学内にある様々なサークルの勧誘が、ひっきりなしに行われるこの時期。…

話題のバーチャルYouTuberミライアカリとは何者だ!?

まさか自分がこれにハマるとは。そんな風に、自分ではハマると思ってなかったのにハマってしまうものって、ありますよね。音楽や本に漫画はもちろん、人によってはギャンブルやタバコやアニメなんかもそうだろう。 「俺はそんなん絶対にハマんないよ!」と思…

エレファントカシマシ「友達がいるのさ」を聴いて今僕が思うこと

先日、いつものようにウォークマンで音楽を聴いていると、エレファントカシマシの「友達がいるのさ」が流れてきた。うーむやはり名曲。僕はエレファントカシマシの曲の中でも、この「友達がいるのさ」が大好きなのだ。 孤独な男の、内面を省みるかのような歌…

the pillows ストレンジカメレオンを聴いたし。マジ超泣いたし。

普段音楽を聴いて、あまり涙を流すことのない僕だけれども、聴くたびに思わず涙腺をグイグイと刺激されてしまう、という曲がいくつかある。ひとたび耳にすれば、心の柔らかい部分を、親指で強く押されるように目から涙がボトボトと零れ落ち、「あれ、俺、な…

ガールズロックバンドFINLANDSが今、最高にかっこいい

かつてロックの衝撃にやられた全ての者たちには、皆等しく、ひとつの運命が待ち受けているように常々思う。一度ロックのリズムに、メロディに心を奪われたら最後。次の新たな衝撃に出会うための、砂漠の如く広い、音楽の世界をさまよう旅が始まるのだ。 その…

The Birthdayの元ギタリスト・イマイアキノブは本当に下手なのか?

The Birthdayの音楽が好きだ。最近の活動こそあまり追えていないけれど、イマイアキノブ氏がギタリストとして在籍していた頃などは、よく聴いたものだ。低めに構えたフェンダー・ジャガーから繰り出される、ローファイかつブルージーな、大人の色気の漂うギ…

映画「エターナル・サンシャイン」を観た ラストシーンに見る、大事な愛の形

先日、1本の映画を観た。タイトルはエターナル・サンシャイン。有名な映画ゆえ、知っている人も多いだろう。失われていく記憶の中での、恋人との逃避行を描いたラブストーリーだ。これがもうめちゃくちゃ面白い。もしも「おすすめの映画は?」と聞かれたら、…

僕の好きなパンクロック

THE BLUE HEARTSの「パンク・ロック」という曲の中に、こんな歌詞がある。 僕 パンク・ロックが好きだ ああ やさしいから好きなんだ 「パンク・ロック」より引用 作詞作曲・甲本ヒロト 「パンクが優しい?そんなことはないだろ。」と初めて聴いた時は思って…

ラブライブ!サンシャイン!!を観て思う 彼女らと同じく俺たちもまた輝きたいのだ

大晦日も過ぎ、いよいよ2018年がスタートしましたね。皆様新年あけましておめでとうございます。今年も飛躍の年にしてぇ、輝きを求めて行きてぇ、と今から気合がみなぎっている所存でございます。 さてさてそんな訳で2018年の幕が上がった訳だが、2017年の年…

灰色のクリスマスを余儀なくされた僕たちへ

クリスマスが今年もやって来る。テレビを見れば、ケーキやチキンなどのCMや特集がわんさか流れ、町に出ればプレゼントを買いに賑わう人たちや、綺麗なイルミネーションに集まるカップルたちの姿を見ることができる。今年の24日は日曜日ということもあって、…

とある町医者の片頭痛に悩む俺を救ったひと言

いよいよ冬将軍が本格的に到来して、町も冬の匂いが漂ってきましたね。クリスマスも間近に迫り、どことなく浮足立った世間の雰囲気とは裏腹に、俺は怒っていた。憤怒の念が遂に爆発した俺は、あろうことか乾燥してカピカピになった冷えピタを張り、外出する…

時には美しき轟音と静寂の世界を ポストロックバンド・65daysofstaticを聴いた

外出中や家事や作業をする際、耳にイヤホンを突っ込んで音楽を聴いていることが多い。ひとり暮らし故に日常の大半をひとりで過ごすことが多い為、とにかくお耳が寂しくなっちゃうのである。ひとりで過ごすことにあまり抵抗はない方だが、あまりにも静かだと…

かつてロックンロールに心を撃ち抜かれた、全ての人たちに

ロック好き同士で会った際、「最近どんな音楽聴いてるの?」「何かアツい音楽ある?」等といった話題になることはないだろうか。何なら僕なんぞは「色々聴いてるけど最近微妙だわ。やっぱ昔はさぁ~…」とかいってたりする。まだ二十代なのに。何者だお前は、…

どこまでも歩いて行けるように靴を俺にくれ コンバースのジャックパーセルが欲しい

先日ツイッターを開いたら、遥か遠い昔に好きだったあの娘のアカウントを発見。「懐かしい~今何やってんだべが」と覗いてみれば今は結婚して立派なお母さんになっておった。年齢的に当然なのだけれど、こういう時に時の流れの早さを思い知りますね。 大槻ケ…

こんな秋の夜長には鬱くしい人間賛歌を 鬼頭莫宏「なるたる」を読んだ

ここのところ寒い日が続いていますが、皆さんお元気ですか。僕はというと、余りの寒さに連日毛布の中でガタガタ震えています。さすが秋、寒さが半端ねえ。家の中でもライダース着てるぜ。暖房?東北出身をみくびるんじゃあないぜ。そんなん節約だぜ。そして…

浮気だの不倫だのが流行るそんな世の中に少女漫画を

ゲスの極み乙女の川谷氏とベッキー氏の不倫事件に始まり、国会議員の不倫騒動と最近やたらと不倫だの浮気だのが取り沙汰されて、ある種のブームみたいになっている今日この頃。テレビでも昼顔なるドラマが流行ったり、毎回そんな感じの番組ばかりで何だかダ…

秋の夜長に、センチメンタルな夜に、俺は今日もTHE USEDを聴く

熱線激しい暑かった夏も過ぎ、季節はもう既に秋。徐々に肌寒くなってまいりましたが、皆さん如何お過ごしだろうか。四季の中で秋が最も好きな僕としては、「またライダースが着れるぜ!ドクターマーチンだって履けるぜ!」と実にウキウキな気分でいる。程よ…

それでも僕はお酒が飲めない

一昔前のラノベの如きタイトルの通り、僕はお酒が飲めない。その時の状況や体調もあるけれど、グラス2杯程飲めたら頑張ったで賞が欲しいくらい。最悪ほろ酔い1本でグデングデンに酔い「何がほろ酔いじゃ、こんなんガチ酔いじゃ!!具合悪っ!!」とか思いな…

「泣かされる」より俺は勝手に「感動」したい

先日、映画館にて「君の膵臓を食べたい」という映画を観てきました。インターネッツによると、現在の注目作品ランキング堂々2位と中々に流行しているご様子。ベストセラー小説が原作で、意味深なタイトルに ラスト、きっとこのタイトルに涙する (君の膵臓を…